忍者ブログ
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [82]  [81

ある晴れた日の冬の海

野菜を収穫することができない時期のことを「端境期(はざかいき)」と呼びます。

普通、畑は「種を蒔く」→「野菜が育つ」→「収穫する」という2~3ヶ月のサイクルで回っています。

けど、1月から2月は、寒くて種を蒔いてもちゃんと育たないので、「種を蒔く」が出来なくなります。

そうすると、このサイクルが崩れてしまい、1、2月に種をまけなかった「つけ」が4、5月に回ってきて「収穫する」ができない端境期が発生します。

さらに、この3月には「トウ立ち」という厳しい事態が発生します。(「トウ立ち」については後日書きます)

そろそろ野菜セットの種類が少なくなる時期を迎えつつあります。不思議なもので、畑の在庫が少なくなると、心の余裕も少なくなってきます。そんな3月になりそうです。

9、10月にも端境期が発生します。これは、7、8月が暑すぎて、虫が多すぎて、種を播くことができないからです。

PR
カウンター
*
忍者ブログ [PR]