忍者ブログ
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92

かぼちゃの苗

南伊豆は、山林に囲まれていて落葉樹が多く、年間を通じて湿潤なので、シイタケを作っている人も多いようです。

ウチもいつかはシイタケをと思っていたところ、「山の木を切ったから持って行っていいよ」と言ってくれる人があり、軽トラ一台分の原木となる木をゲットし、さっそくシイタケ栽培の準備をしました。

シイタケづくりはまず、原木となる落葉樹の丸太に菌を埋め込むことから始まります。

木を1mくらいの長さに切りそろえて表面に深さ3cmの穴を開けます。そこへシイタケ菌の種(菌が繁殖している木片)を打ち込みます。それを木蔭に並べておくと次第に菌が原木の中で繁殖して1年後にシイタケが発生します。

早く来るといいな、シイタケ生活。

という文章を書いたのが、1年前の3月末。ちょうど1年が経ち、先日シイタケが取れました。採れたてシイタケ。めちゃくちゃみずみずしかった。美味かった。

例のごとく、売るほどは作ってないので、食べたい方は食べに来てください。

PR
カウンター
*
忍者ブログ [PR]