忍者ブログ
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90

切干し大根(半乾き)

ここ南伊豆町ではイノシシは田畑を荒らす害獣だ。

この冬に、ワナにかかったイノシシを4頭ほど解体した。

いつも、平日の昼間に、ボスから「オリに入ったから、さばくの手伝って」という電話が突然かかってくる。

いつオリに入るかわからないんだから、突然なのは当たり前なんだけど、いつも驚く。

「平日の昼間に山の中でイノシシをさばく」

こんなことをするなんて思いもしなかった。

平日の昼間に山でイノシシをさばいている自分に驚く。

それがイヤだとかじゃなくて、むしろ面白い。

どこで農業をやろうか迷っていたときに、南伊豆なら思いもしない人(芸術家や料理人など)に会えたり、思いもしないことが体験できるんじゃないかと思い、農業に向いているとは言い難い中山間地を選んだ。

地域住民のために、イノシシを捕獲している人に出会い、それを手伝う。たぶんあと何回かやれば1人でも出来るようになる。

そんなこと思いもしなかった。思いもしなかったことを体験できてHAPPYだ。人生って素晴らしいって思った。

追伸  解体の様子や解体してみて感じたことなどは、いずれ書きます。

 

PR
カウンター
*
忍者ブログ [PR]