忍者ブログ
[86]  [85]  [84]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75

ここも伊豆です。標高800mにある牧場。まるで雪国でした。

寒いです。

ここ南伊豆は海に囲まれているせいか、冬は風が強いので、体感温度はものすごく寒いです。空気が乾燥していないのが救いですが…。

この寒さ、人間にとっては厳しいですが、野菜にとってはいいこともあります。ホウレン草や小松菜などの葉モノと、ニンジン、カブ、大根などの越冬する野菜は、寒さにあたると甘みがのって味がおいしくなります。(もちろん寒さにも限度があるので、凍死しない程度の寒さのこと)

実際に、野菜内の糖度が上がります。これは、糖度を上げることによって、凍るのを防ぐ野菜の自己防衛機能です。大雑把に言うと車の不凍液と同じ原理です。

だから、今畑にある野菜は本当においしい。ニンジン、カブ、小松菜、ホウレン草などなど、シンプルに蒸して塩で食べると本物の野菜の味がします。

たぶん、こんなちょっとしたことの積み重ねがスーパーに並んでいる野菜とウチの野菜の味の違いになるんだと思います。冬の寒さとおいしい野菜に感謝です。

PR
カウンター
*
忍者ブログ [PR]